プロフィール

代表 大谷 展之(おおやのぶゆき)について

代表 大谷展之株式会社ooyaビジネスクリエイト 代表取締役

会計事務所専門経営コンサルタント
 
【略 歴】

  • 群馬県太田市出身
  • 法政大学経済学部経済学科卒業
  • 大学卒業後、食品メーカーに勤務
  • 1997年1月 株式会社船井総合研究所に入社
    人材開発・人材教育・組織活性化の部署を経て、会計事務所のコンサルティング事業を立ち上げ、軌道に乗せる。
  • 2012年1月 株式会社ooyaビジネスクリエイトを設立。現在に至る

 
【この仕事を選んだ理由】
 
大学卒業後、食品メーカーに就職し、営業担当として大口顧客を任され実績を上げるが、経営幹部の方針に疑問を抱き、経営に役立つ勉強を独自に始める。
 
当時会計事務所に勤務していた友人の影響で、会計事務所の仕事に興味を持ち、手始めに簿記の勉強を開始する。簿記3級・2級を取得するも、「もう少し経営に携わる勉強をしたい」と中小企業診断士の取得を志す。土日は学校に通い、帰宅後は自宅で勉強し、無事に一次試験に合格する。

 その後、二次試験を学習中に「コンサルタントという仕事も面白そうだな」という気持ちが芽生え始め、大手の総合コンサルティング会社に転職をする。

 入社後6~7年は人材教育・組織開発の部署に所属し、チームリーダーとして活躍するも「折角、業種特化型のマーケティングコンサルティング会社に転職したのだから、マーケティングを一から勉強したい」と考え、これまでの顧客をすべて部下・メンバーに譲り、0から「会計事務所のコンサルティング事業」を立ち上げる。

 【会計事務所業界に決めた理由】
 

  1. 転職前、自分自身が「会計事務所に転職したい」と思っていたこと
  2. 友人が会計事務所勤務のため、業界の実情が理解しやすいと考えたこと
  3. 自分自身も資格試験の勉強を一定期間していたこともあり、「努力して難関資格に合格された方々の力になりたい」と思ったこと
  4. の3点である。

     
    独立後は、全国の個別の会計事務所のコンサルティングと売上1億円突破を目指す会計事務所のための経営勉強会『会計事務所5%倶楽部』を柱に、全国の会計事務所の業績向上に努めている。

     

    趣味

    • レーシングカート
    • レーシングシミュレータ
    • 富士フレッシュマンレース(参戦歴)

     

    資格

    • 国際コーチ連盟(ICF)認定アソシエイト・サーティファイドコーチ
    • 米国Gallup社認定ストレングスコーチ

     

    著書

    会計事務所売上1億円突破へのロードマップ

    会計事務所売上1億円突破へのロードマップ第一法規株式会社 2,052円 大谷展之 著
    売上1億円突破の会計事務所になるための手順と方法、さらに売上1億円突破の事務所経営者が備えておくべき思考法についても解説。
    事務所の売上規模を拡大したい、更なる飛躍をお考えの税理士のみまさまにおすすめの一冊です。

     

    税理士のためのマーケティングマニュアル

    大谷 著書第一法規株式会社 2,808円 大谷展之/竹内実門氏 共著
    新規顧客を獲得し、勝ち残る会計事務所になるために必要なマーケティングの考え方と、今すぐ実践できる具体的な顧客獲得方法を余すところなく詰め込んだ、会計事務所の今後を決める一冊
    !

    税理士のためのWEBマーケティングマニュアル

    大谷 著書第一法規株式会社 2,160円 監修:大谷展之 著者 宮井亜紗子氏/山中章裕氏
    ホームページを活用したWEBマーケティングについて、最新事例をふんだんに盛り込んで、より具体的・実践的に解説!単なる「ホームページの作り方」ではなく、「成果の出るホームページの制作・運用ノウハウ」を大公開!
     

    取材

    ワールドビジネスサテライトに出演 「会計ソフトのIT化の進展」

    ワールドビジネスサテライト出演TV東京系 23:30~ 2014.1.29放映
    取材内容は「会計ソフトのIT化の進展」ということで「自動入力&自動仕訳ソフトの可能性」について、会計事務所5%倶楽部会員事務所の先生方とともに出演いたしました。

     

    月刊「ベストファーム」2013年15号「士業から仕事が消えてゆく」

    月刊BESTFIRM 2012年 05号デジタルとの競争、そしてBPO。こうした動きが進行する中、税理士業界の新しい胎動を示唆し、定義付けた人物がいる。株式会社ooyaビジネスクリエイト(東京都中央区銀座)の代表、大谷展之氏は、それを「ファブレス会計事務所」と名付けた。 「ファブレス(fabless)」とは、一般的に・・・
    詳しくはこちらへ
    http://www.tabisland.ne.jp/obcreate/report4/index.htm

     

    月刊「ベストファーム」2012年05号「競合事務所に勝つ価格戦略」

    月刊BESTFIRM 2012年 05号価格云々を論じる前にまず押さえるべきは、(1)デフレのときは低価格のお客様をたくさん集めることが基本であるということ。(2)会計事務所は士業事務所の中でもっともライフサイクルが進んでいるので、価格は低下する傾向にあるということです。

     

    過去の提案実績

    「会計事務所が業種特化で、紹介案件をあと30件増やす方法」2007年10月開催

    201710_セミナー
    会計事務所は業種特化をすることで、業界団体・代理店・クライアントからの紹介案件を増やして、事務所を拡大する方法を解説。同時に業種特化の進め方にも深く言及。

     

    「法人顧問新規獲得  即時実践可能事例50連発」2008年4月開催

    200804_セミナー
    法人顧問先を新規で獲得するためのマーケティングの50事例をセミナー形式で公開。

     

     

    「会計事務所が相続マーケットを攻略して事務所を安定的に伸ばす方法」2009年5月開催

    200905_相続マーケットセミナー
    どの事務所に聞いても「相続税申告は単発案件だからお小遣いにはなってもビジネスにならない」「葬儀社とはうちは付き合いたくない」と言われていた時代に、「相続税申告をWEBと葬儀社からの紹介で受注する」といった当時ではあり得ない発想のビジネスモデルを提案したセミナー。その後、業界の一大潮流となる。

    「年一客を集めて事務所売り上げをあと1,500万上乗せする方法」2010年11月開催

    201011_セミナー
    こちらもその後、業界の一大潮流となる「税理士のいない年一客と会社設立から顧問契約を獲得する」ビジネスモデル提案。当時「年一客なんかと付き合いたくない」とか「設立客なんて手ばっかりかかって儲からないからやりたくない」という声が業界の大勢を占める中で開催。今では隔世の感すら感じられる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!