高付加価値化の最初の1歩は、自分の価値を見つけること

 

前回は「立地を味方につけた経営をしていますか?」を書きました。

今回は、「高付加価値化の最初の1歩は、自分の価値を見つけること」について書きたいと思います。

会計事務所業界が価格競争に陥っていることは、私が申しあげるまでもありませんがなぜ、会計事務所が価格競争に陥ってしまうのか?その本質的な理由は

1.基本的に、税務・会計の代行を行っている

2.それゆえ、他事務所と品質もサービスも大差がない

3.これまで、価格を上げる努力をして来なかった

の3つです。

まず、「税務・会計の代行業を行っている」については、以前からお伝えしていますように、代行業の命題は「いかに低価格で効率良くお客様の業務を代行するか」ですから代行業務をやっていて、価格が下がることはあっても、この先上がることはありません。
※業務を付加すれば金額は増えますが、工数も増えます。

次に、2の「他事務所と品質もサービスも大差がない」については、代行業ですから、正確に安く業務を遂行すれば良い訳ですから、差別化できないとは言いませんが、難しいし、伝わりにくいでしょう。

最後に3の「これまで価格を上げる努力をして来なかった」については、「周りが下がっているから仕方ないよね」と物分かり良く値引きしている方が多く、「どうしたら価格を上げられるのか?」という工夫をされている方は少ないようです。

私は以前から「会計事務所の未来は高付加価値化である」と述べていますが、高付加価値化とは「現在の業務の単価を上げる」ことではありません。「お客様に提供する価値」を明確にして、「価値に見合った適切な料金を頂戴する」ということです。

そういう意味では、これから「自分のやっていることには価値がある」と気づけた人のみが、高いパフォーマンスを発揮して、高い報酬を得られる時代になるのではないでしょうか?

 

次回からの配信希望の方はこちら → https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvowxEvg

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!