所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その7

『事務所の売上目標を全員で共有し、営業マインドを醸成しているか?』

 

7回目の今日は『事務所の売上目標を全員で共有し、営業マインドを醸成しているか?』です。

 

先日調べたあるデータによると、全開業税理士事務所のうち、

 

・売上2,000万円以下が全体の62.4%

 

・売上3,000万円以下が全体の73.2%

 

であることがわかりました。

 

ですから、このメルマガをお読みの方々の事務所も、約7割は売上3,000万円未満が大半かもしれません。

 

 

仮にそうだと仮定して話を始めますと皆様の事務所では、

毎月の会議で「事務所の年間売上目標とそのための対策」を議題に取り上げていますでしょうか?

 

私は多くの事務所に出入りしているので、今でも非常にびっくりするのですが、

 

平均的な多くの事務所では、

 

1.職員の方々が事務所の売上目標を知りません(所長が公開していないので)

 

2.そして、現時点の売上がいくらで、進捗がどうなのかも職員の方々は知りません。

 

3.更には、職員の方が「自分は年間いくらの売上を上げているのか」も知りません。

 

※これには所長が知っていて言わない場合と、所長も計算していないケースがあります。

 

そのため、毎月事務所で会議は行っていても、

・今月の決算の予定

・個人別の懸案事項の報告

・あとは社内研修など

 

といった程度で、事務所の売上には言及しない事務所がほとんどです。

 

恐らく、所長先生にすれば

 

「売上の話をしたところで、職員が仕事を取って来る訳ではないし、下手に売上や目標の話をして辞められたら困るから」

というお気持ちなのかもしれません。

 

しかしながら、「これからも仕事は先生が獲得し、職員はただこなしてくれれば良い」

 

ということであればそれでも構わないのですが、

 

もしこれから事務所を大きくしよう!(5~7人以上規模)と思うならば、

 

先生だけの馬力では無理ですので、紹介も含め、全員で力を合わせて増やすことを考えねばなりません。

 

 

その時、「よし、今日から全員営業だ!」と唱えてみても、今まで何も言わなければ、

 

「先生何言ってるの?急にやる気になっちゃって…」

 

となるのがおちです。

 

ですから、そうならいためには、事務所がまだ小規模のうちから全員でお客様を増やすんだ!

 

という営業マインド = 組織風土を、規模が小さいうちから醸成しておかねばならないのです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ