所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その5 

■ 所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その5

『受注面談を誰かに委ねているか?』

 


5回目の今日は『受注面談を誰かに委ねているか?』です。

 

前回の「業務の進捗を管理できる人材を育てているか?」が実現できるようになると

所長先生は当然、事務所を出て、営業活動に時間を費やすことになるでしょう。

もしくは、ホームページからの受注を増やすなど、

何らかの新規開拓に向けた取り組みをされることと思います。

その過程で障害となるのが「所長が受注面談に携わる機会が増える」ということです。

なぜ受注面談に携わることが障害になるのか? とお思いの方もいらっしゃると思いますが、

その理由は

1.受注面談で物理的に所長の時間が取られてしまう。

2.かと言って「所長が面談しないと受注率が下がる」ので、怖くて面談を手放せなくなってしまう。

3.所長が面談することで、相手は「所長が来てくれる」と勝手に解釈し、所長の担当先が増えてしまう。

4.同時に、いつの間にか「受注は所長の仕事。僕たち(職員)こなす人」という雰囲気になってしまう。

5.結果、所長が受注して担当を割り振るので、段々「受注すること=悪いこと」のような気分になってくる。

といった理由です。

ですから、所長がいなくても廻る事務所にする = 事務所を大きくするためには、

「受注率が下がることを恐れずに、受注面談をNo2・No3.に任せること」 が不可欠となります。

でも、「受注率が下がったらどうしよう?」という心配については次回お伝えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ