規模的拡大を志向しない先生と事務所規模を拡大したい先生の思考の違い

規模的拡大を志向しない先生と事務所規模を拡大したい先生の思考の違い

こんにちは。会計事務所専門コンサルタントの大谷です。

前回のブログで「今後一人税理士(事務所)が増加する」と書きましたが、一人税理士(事務所)と言っても

  1. そもそ事務所を大きくすることを志向していない一人税理士(事務所)の先生と
  2. 人の採用や将来の展望が開けないから「一人税理士(事務所)でも仕方ないかな?」と考えている先生

では、心中も事情も異なると思いますので、今回は「規模的拡大を志向しない先生」と「事務所規模を拡大したい先生」の思考の違いについて整理したいと思います。

 

規模的拡大を志向しない税理士の方に多く見られる傾向

  • とにかく現場が好き。お客様が好き。
  • 自分がアドバイスして、お客様に感謝されることが最高の喜び
  • 税務がわからなくなってしまうので、自分でも何件かは担当先を持っていたい。
  • 専門知識で職員に負けることは所長として許せない。
  • そのためにも、税務の知識は常にキャッチアップしていたい。
  • 質の高い仕事を提供したいので、職員にも自分と同等レベルの知識を身に付けさせたい。
  • 顧問先に提供できそうな新しいことはどんどん勉強して、事務所に取り入れたい。
  • 売上は伸ばしたいが、最終的には自分の目の届く範囲でやりたい。
  • 採算が取れないのは困るが、チェックが甘く「質が低い」と言われるのはもっと嫌だ。
  • 今いる職員・親族の誰かが税理士(資格)を取ってくれるまで頑張ろうと思う。

 
以上は個人的な見解ですが、基本的には仕事の質を重視し、目の届く範囲で、顧客の顔の見える範囲でやりたいという思いが根底にあるように思います。 

事務所規模を拡大する先生に多く見られる傾向

対して、事務所規模を拡大する先生に多く見られる傾向としては

  • 現場もお客様も好きだが、どちらかというと自分は担当せずに職員の方々に任せたい。
  • 職員が担当する顧問先が喜んでくれている姿を見ることが無上の喜び。
  • 必ずしも税務の知識で職員に勝たなくても、職員が勉強してくれればそれで良いと思う。
  • その代わり、自分はもっと経営に役立つ知識を身に付けたい。
  • そもそも、職員に自分と同じこことを求めることに無理があると思っている。
  • 故に、事業としては「今いる職員でもできること」を増やして行きたいと考える。
  • 人数が増えたら、職員の管理は幹部社員に任せ、自分は幹部育成に励みたい。
  • 質の追求も大切だが、それよりも「お客様の求める料金に見合ったサービス」の提供が大切と考える。
  • 税理士は必ずしも身内や職員でなくても良いと思う。

 以上が私が考える「事業規模の拡大を志向する先生」の傾向ですが、最大の特徴は「自分が作った〇〇会計事務所という仕組みの中で、働く職員とお客様が喜んでくれることが最高の喜び」というようにサービス主体が自分ではないということであると考えます。

 
以上、「規模的拡大を志向しない先生」と「事務所規模を拡大したい先生」の思考の違いを整理してみました。

 外部環境が厳しい時代ですので「規模的拡大をする・しない」のどちらが良いという訳ではありませんが、「なんとなくやっていたら大きくなる時代」ではありませんので、規模を拡大したい/売上・利益を伸ばしたい!という先生は、従来の税理士事務所のやり方にとらわれず、事業家としての思考で展開されることが必要であると思っています。
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!