所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その9

『所長も一緒になって、見込み客づくりをサポートしているか?』

 

9回目の今日は『所長も一緒になって、見込み客づくりをサポートしているか?』です。

 

今回のテーマは「所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条」ですので、

 

読者の方の中には「どうリーダーにやらせるか」に関心がおありのことと思いますが、

 

残念ながら「所長がいなくても廻る事務所になる」までは所長が引っ張らないといけません。

 

 

最近、良く感じるのですが、40代半ばから50代前半の所長先生とお話をすると

 

「もういつまでも自分が動いている訳にはいかないので…」とか、

 

「いつまでもこの調子で頑張れないので…」というように、

 

『えっ、リーダーや幹部に任せたいって、要するに自分がら楽したいだけ?

 

マネジメントの体制を整えて、組織を大きくするための基盤を作りたいんじゃないの?」

 

 

とビックリすることが良くあります。

 

 

もし、読者の皆様の中でそう思っていらっしゃる方がいらっしゃったら、

 

残念ですが、それでは「所長がいなくても廻る事務所になる」ことはありません。

 

 

なぜなら、所長(経営者)以上に本気の社員は組織にはいないので、

 

いくら経営者が「任せたのだからしっかりやれよ!」と言ってみたところで、

 

「所長が本気でやっていないのに、何で俺がやるんだよ」

 

と思うのが普通だからです。

 

 

ですから、飛行機が離陸する状況に例えて説明させていただくならば、

 

所長が楽をするのは水平飛行に入ってからと心得ていただき、

 

これから離陸する事務所は「所長+リーダーの双発エンジン」でないと離陸は難しいでしょう。

 

 

では、「所長も一緒になって、見込み客づくりをサポートする」ために何をすれば良いか?と言いますと、

 

具体的には

 

1.チームリーダー会議(もしくはミーティング)を開催し、所長も同席する

 

2.数字を埋めるための作戦をリーダーに考えさせる

 

3.基本的には考えさせるが、案がなければ所長も案を出す。

 

4.案に沿ってリーダー&チームに実行させ、所長も後押しする

 

5.でも、恐らくそれだけでは数字が足らないので、足らない分は所長が埋める

 

ということとなるでしょう。

 

数字を埋める方策は

 

1.所長が人脈を広げ、リーダーにフォローを任せるのか?

 

2.ホームページを作るのか?

 

3.セミナーを開くのか?

 

4.チャネル開拓を行うのか?

 

といったように、やり方は事務所や所長のキャラクターで異なるでしょうが、

 

「任せたのだからしっかりやれよ」ではなく、当面は「所長も一緒に頑張る」ということになるでしょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ