所長の年代別経営課題

会計事務所の経営課題は所長税理士の年代によっても様々です。

そこで、以下に所長税理士の年代別(40代、50代、60代)に課題を整理してみましたので、是非、自事務所の振り返りにお役立てください。

 

40代税理士の悩み

最近の悩み
  • もっと事務所を大きくしたいが、どうしたら良いかわからない。
  • 事務所を大きくして、今の不安(お金や人の問題)から早く解放されたい。
  • 家族にお金もかかるので、自分の年収も増やしたい。
  • 折角開業したのだから、もっと儲かる事務所にしたい。

50代税理士の悩み

最近の悩み
  • 最近、体力が落ちて来た。いつまでも自分が走り続けるのは疲れる。
  • 自分がいちいち指示しなくても廻る事務所を作りたい。
  • 遅くも65歳、できれば60歳を目途にセミリタイア状態になるのが理想。
  • そのためにも、後継者(税理士)を入れて、今後のことも考えたい。
  • 今いる社員も安心して働ける事務所にしてあげたい。

60代税理士の悩み

最近の悩み
  • あと5年を目途にリタイヤしたい。そのために後継者をどうするか?
  • 後継者に安心してバトンタッチできる事務所基盤をあと5年でつくりたい。
  • 引退しても生活できるだけの資金を確保したい。
  • 今いる職員が定年になるまで安心して働ける事務所にしたい。

 

弊社のコンサルティングメニューはこちら ⇒

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!